下関国際、初勝利お預け 先発の鶴田「必ず夏に戻ってきて勝つ」

[ 2018年3月27日 05:30 ]

第90回選抜高校野球大会2回戦   下関国際1―3創成館 ( 2018年3月26日    甲子園 )

アルプススタンドにあいさつに向かう下関国際ナイン
Photo By スポニチ

 下関国際(山口)は初出場初勝利はならなかった。先発の鶴田は8回3失点。初回にいきなり連打を浴びるなどして2点を失い「真っすぐを置きにいってしまい、腕が振れていなかった」と悔やんだ。

 「3失点は予定通り。打線が捉えきれなかった」と坂原秀尚監督。昨夏から2季連続出場も甲子園未勝利で、鶴田は「必ず夏に戻ってきて勝つ」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月27日のニュース