ハム清宮「試験明けみたい」 キャッチボール、打撃練習を再開

[ 2018年3月27日 12:10 ]

<清宮 練習>素振りを行う清宮
Photo By スポニチ

 腹膜炎で別調整中の日本ハムドラフト1位・清宮(早実)が27日、千葉県鎌ヶ谷市のファーム施設でキャッチボール、打撃練習を再開した。ともに11日以来。

 キャッチボールは屋外で約25メートルの距離で行い、「あまり良くなかった。よくあることですが、(期間中は練習ができない学校の)試験明けみたいな感じでした」。

 打撃は室内練習場で、ティーに置いた球を45球打った。「軽く、という感じです。早く段階を上げられるなら、上げたい」と今後のペースアップに意欲を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月27日のニュース