楽天、則本KOで首位陥落 今季ワーストタイ6失点3敗目

[ 2017年8月3日 05:46 ]

パ・リーグ   楽天4―7西武 ( 2017年8月2日    メットライフD )

4回1死、山川にソロ本塁打を打たれ天を仰ぐ則本
Photo By スポニチ

 楽天は2連敗となり、7月9日から守ってきた首位から陥落した。先発に則本を立てたが、1―0の3回に3失点。源田の適時打で追いつかれ、浅村への死球を挟んで暴投で2者生還を許した。

 6回8安打を浴び、今季ワーストタイの6失点で3敗目。「調子が良くても打たれたら意味がない」と自らを責めた。今季は西武戦で19回を投げて16失点。「そこまで意識はなかった。対応できることはあったはず」と言い、今月中に再び西武戦での先発が予想されるだけに雪辱を期す。

 打線は2―6の8回にウィーラー、島内の一発で2点差まで詰め寄ったものの、その裏に山川のソロで突き放された。梨田監督は「2死からだったので、(本塁打は)絶対に避けないといけない」と厳しく指摘した。 (黒野 有仁)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月3日のニュース