田沢1回を完全「低くいけた」イチは代打で中飛

[ 2017年8月3日 05:30 ]

ナ・リーグ   マーリンズ7―6ナショナルズ ( 2017年8月1日    マイアミ )

ナショナルズ戦に登板した田沢(AP)
Photo By AP

 マーリンズの田沢が1点リードの8回に5番手で登板し、3者凡退に仕留めた。今季21本塁打の6番レンドンは「内に入り過ぎたが、低くはいけた」と初球を打たせて三ゴロに。続くウィータースはフルカウントからの沈むボールで中飛に仕留めた。「一発を食らいたくなかったので、慎重にいき過ぎた」としながらも変化球も速球も、要所でいいコースに決まった。

 また、イチローはその裏に代打で出場し、中飛だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月3日のニュース