作新学院・鈴木、走って連覇だ「甲子園でも積極的に」

[ 2017年8月3日 05:30 ]

打撃練習をする作新学院・鈴木
Photo By スポニチ

 第99回全国高校野球選手権大会(7日から15日間)の甲子園練習第2日が2日に行われ、昨夏優勝の作新学院(栃木)や、同準優勝の北海(南北海道)など16校が調整した。

 昨夏王者の作新学院が聖地に凱旋した。優勝メンバーで今年は3番に座り、栃木大会で打率・565をマークしたU18高校日本代表候補・鈴木が連覇を宣言。打撃練習でも鋭い打球を飛ばし「後先見ずにいって、その結果が連覇となればいい」。

 50メートル5秒9の俊足で栃木大会では8盗塁しており「甲子園でも積極的に走る」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月3日のニュース