青木、移籍後2戦連続出番なし「古巣との試合でデビューになりそう」

[ 2017年8月3日 09:44 ]

ア・リーグ   ブルージェイズ5―1ホワイトソックス ( 2017年8月2日    シカゴ )

ホワイトソックス戦を前に、ファンの子どもにサインするブルージェイズ・青木
Photo By 共同

 アストロズからブルージェイズにトレードで移籍した青木宣親外野手(35)は2日、シカゴで行われたホワイトソックス戦に出場しなかった。チームは5―1で勝った。

 青木は移籍後、2試合連続で出番がなかった。「まだ試合に出ていないので(起用法は)分からない」と語った。

 4日からは前所属のアストロズの本拠地ヒューストンで3連戦が控え「家に帰る感覚がばっちりある」と言う。「(監督が)近々試合に出すと言っていたし、古巣との試合でブルージェイズ・デビューになりそう」と期待した。

 家族全員でトロントに転居する予定。「荷物とかの準備をしなきゃいけない」と慌ただしさものぞかせた。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月3日のニュース