阿部3500塁打に王手 巨人生え抜きで史上4人目

[ 2017年8月3日 05:31 ]

セ・リーグ   巨人10―4ヤクルト ( 2017年8月2日    神宮 )

1回2死三塁、阿部が右翼へ先制2ランを放つ
Photo By スポニチ

 巨人・阿部が初回先制の12号2ラン。今季の阿部は勝利打点がチーム最多の10度目。殊勲安打も15本目で坂本勇、マギーの13本を抑え最も多い。巨人は今季2度目の5連勝。後半戦のV打を出すとオール30歳以上。7月19日の中日戦で阿部が決勝犠飛を放ってからは7試合全て35歳以上とベテラン打者がチームをけん引している。

 阿部はこの日7塁打。通算3499塁打とし、巨人生え抜きでは王、長嶋、川上に続く3500塁打にあと1とした。

 巨人は2試合連続で2桁得点。チーム2戦連続2桁得点は09年9月10日横浜戦(○14―3)、同11日広島戦(○13―5)で記録して以来8年ぶり。3試合連続は51年7月にマークしたのが最後だが、今日はどうか。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月3日のニュース