阪神・小野10度目先発も初勝利ならず 好投も痛恨立ち上がり

[ 2017年8月3日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4―3広島 ( 2017年8月2日    マツダ )

歯を食いしばって力投する小野
Photo By スポニチ

 阪神・小野にとっては痛恨の立ち上がりになった。先頭打者の田中に初球を中前打され、続く菊池にも初球を捉えられた。外角高めへの直球を右翼席へ打ち込まれ、わずか2球で2点を先制された。

 「周りから“切り替えていけ!”と声をかけてもらったので、“切り替えていくしかない”と思って投げた」

 初登板の敵地マツダスタジアム。一気にのみ込まれそうな展開で踏みこたえた。2、3回は1四球だけ。4回無死一、二塁では石原を直球で二ゴロ併殺打に仕留め、大瀬良に四球を与えても田中も遊直に退けて切り抜けた。6回2死一、二塁で田中を迎えたところで岩崎に託し、5回2/3を6安打2失点。「何とか6回を投げきらないといけない」と悔しそうに振り返った。

 勝敗は付かず、10度目の先発でも初勝利には届かなくても金本監督からは評価された。「対広島戦では前回も6回途中で代えたけど、このチーム相手にほぼ6回を初回の2失点だけだから。5回2/3、2失点は十分」。期待の新人は着実に力を付けてきた。(山本 浩之)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月3日のニュース