花咲徳栄・西川、甲子園初アーチ誓う「1本くらい打ちたい」

[ 2017年8月3日 05:30 ]

返球する花咲徳栄・西川
Photo By スポニチ

 第99回全国高校野球選手権大会(7日から15日間)の甲子園練習第2日が2日に行われ、昨夏優勝の作新学院(栃木)や、同準優勝の北海(南北海道)など16校が調整した。

 花咲徳栄(埼玉)は今秋ドラフト候補の西川が甲子園初アーチを誓った。2年春、昨夏と3度目の甲子園で「1本くらいは打ちたい」。

 埼玉大会中にユニホームを何者かに盗まれた。被害届を出し、ネットオークションなどでも捜したが、いまだに戻らず「全国制覇したら返ってきますかね」と苦笑い。埼玉大会では4本塁打で通算30号と打撃は右肩上がり。「僕が引っ張って全国制覇に導きたい」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月3日のニュース