マー君 日米通じて自身初の2桁黒星 上原は1回3人斬りの好救援

[ 2017年8月3日 14:55 ]

タイガース戦に先発したヤンキース・田中(AP)
Photo By AP

 メジャーリーグは2日(日本時間3日)に各地で行われ、ヤンキースの田中はタイガース戦に先発して10敗目。6回を投げて6安打2失点(自責1)とクオリティースタートをマークしたが、打線の援護に恵まれず、日米通じて自身初の2桁黒星を喫した。チームは0―2で敗戦。

 マーリンズのイチローはナショナルズ戦の7回に代打で出場したが、空振り三振に倒れ、4試合連続無安打となった。チームは7―0で快勝。なお、この試合で田沢の登板はなかった。

 カブスの上原はダイヤモンドバックス戦の9回から3番手の投手として登板。1回を投げて無安打無失点と相手打線を三者凡退に切って取る好リリーフを見せた。チームは0―3で敗れた。

 ブルージェイズの青木はホワイトソックス戦で出番なし。アストロズからトレード移籍後はまだ出場機会がない。ブルージェイズは5―1で勝利した。

<2日の日本人選手成績、カッコ内はシーズン成績>

田中:先発して黒星。6回6安打2失点(自責1)7奪三振1四球。(22試合8勝10敗、防御率4・93)

イチロー:代打で空振り三振。1打数無安打。(90試合30安打2本塁打10打点、打率・229)

上原:リリーフ。1回無安打無失点2奪三振(40試合3勝4敗13ホールド2セーブ、防御率3・25)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年8月3日のニュース