2軍戦 高卒ルーキー先発対決 オリックス・山本が勝利

[ 2017年8月3日 18:03 ]

 プロ野球のファームは3日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 広島―オリックス戦(由宇)は高卒ルーキーによる先発対決。都城からドラフト4位入団のオリックス・山本が、7回2/3を4安打無失点7奪三振で2勝目を挙げた。広島先発で、花咲徳栄からドラフト2位で入団した広島・高橋昂も、5回2安打無失点5奪三振と好投。試合はオリックスが3―2で勝った。

 中日―ソフトバンク戦(ナゴヤ)はソフトバンクが6―3。3番手の笠谷が2回を2安打無失点4奪三振で、入団3年目にして公式戦初勝利を挙げた。中日は先発・小熊が8回8安打4失点で5敗目(3勝)。

 DeNA―西武戦(ベイスターズ)は、8回に6点を奪った西武が7―1で勝利。永江が4、5号と2本塁打を放ち、3安打4打点と活躍した。DeNAは先発・久保が3回3安打1失点で4敗目(1勝)。ルーキー・細川が4号ソロを放った。

 イースタン・リーグ首位の楽天は日本ハム戦(鎌ケ谷)に5―1で勝利。6月に加入したコラレスが5回3安打1失点8奪三振で2勝目。打線では入団2年目の村林が4安打の活躍だった。ロッテはヤクルト戦(浦和)の延長10回、5―4でサヨナラ勝ち。1死満塁から相手失策で勝った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月3日のニュース