西武・源田が好走塁!則本暴投で二塁から一気生還

[ 2017年8月3日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―4楽天 ( 2017年8月2日    メットライフD )

3回2死満塁 中村(奥)の打席で則本(左)が暴投し三走に続き二走・源田が生還する
Photo By スポニチ

 西武が源田の好走塁で試合の主導権を握った。

 1点を追いかける3回2死一、二塁で右前へ同点打。さらに2死満塁から、則本の投じたフォークが暴投になった。三塁走者・金子侑に続き、二塁走者の源田は迷いなく三塁を蹴り本塁生還。リーグトップ27盗塁の快足の新人は「二塁で“リードをもう一歩広く”と友さん(佐藤外野守備走塁コーチ)に言われたので、その分セーフになったと思う」と声を弾ませた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年8月3日のニュース