西武・菊池 日本人左腕最速158キロ!“1球降板危機”から快投

[ 2017年8月3日 19:28 ]

パ・リーグ   西武―楽天 ( 2017年8月3日    メットライフD )

<西・楽>西武の先発・菊池
Photo By スポニチ

 西武・菊池が3日の楽天戦で5回にウィーラーへの6球目に自己最速を塗り替えるプロ野球日本人左腕最速の158キロを計測した。

 菊池は初回、先頭の茂木の一ゴロでベースカバーに入った際に右足をひねって転倒。わずか1球で降板となる可能性もあったが、このアクシデントを乗り越え、5回2死までパーフェクトピッチング。5回を終えて1安打無失点と好投している。

 菊池は5回先頭のウィーラーに対して1ボール2ストライクと追い込んだ後、内角高めへ投じた速球が158キロを計時。判定はボールだったが、2015年9月13日のロッテ戦でマークした157キロを1キロ更新した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月3日のニュース