ロッテ・ペーニャ「ヤット」1号 77打席目で待望のアーチ

[ 2017年8月3日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―2日本ハム ( 2017年8月2日    ZOZOマリン )

6回1死、ペーニャは左中間ソロ
Photo By スポニチ

 2回無死、ロッテ・ペーニャが有原の初球直球を右翼スタンドへと運んだ。6月に加入してから24試合目77打席目での1号。日本では楽天時代の15年9月18日オリックス戦以来、実に684日ぶりだ。「自分でも待ちに待った」と喜んだ。

 長打を求められながら結果が出ず、思考を変えた。変化球狙いで打席に入ってきたが、雨天中止となった1日のミーティングで「直球をしっかり打っていこう」と確認。頭の整理が初アーチにつながった。6回には左中間席へ2号ソロ。初めてのお立ち台で「ヤット、ホームランウッタ、アリガトウゴザイマス」と笑顔満開だった。

 伊東監督は「今日来たばかりの新外国人が打ったね」と冗談交じりに祝福。連敗を4で止め、5位の日本ハムに1・5ゲーム差に迫る8月のスタートとなった。 (町田 利衣)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月3日のニュース