北海はシート打撃で調整 多間「背番号1の重さ感じる」

[ 2017年8月3日 05:30 ]

マウンドで投球練習をする北海・多間
Photo By スポニチ

 第99回全国高校野球選手権大会(7日から15日間)の甲子園練習第2日が2日に行われ、昨夏優勝の作新学院(栃木)や、同準優勝の北海(南北海道)など16校が調整した。

 北海は準優勝した昨年と同じようにシート打撃を行った。投手陣はマウンドに上がり、昨夏の作新学院との決勝に2番手で登板し、今夏はエースナンバーを背負う左腕・多間は打者12人に29球を投じた。「あとは暑さに慣れるだけ。背番号1の重さを感じる」と話し、優勝を目指す。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月3日のニュース