ベタンセス 1イニングを3者連続3球三振 ヤ軍史上6人目の快挙

[ 2017年8月3日 14:02 ]

ア・リーグ   ヤンキース0―2タイガース ( 2017年8月2日    ニューヨーク )

ヤンキースのデリン・ベタンセス投手 (AP)
Photo By AP

 ヤンキースのデリン・ベタンセス投手(29)が2日(日本時間3日)のタイガース戦で1イニングを3者連続3球三振に切って取る快投を見せた。

 この試合でベタンセスは3番手の投手として8回からマウンドに上がり、2回を投げて無安打無失点の好リリーフ。3者連続3球三振は8回に達成され、アドゥチ、アップトン、カブレラと2番から始まるタイガース打線を9球で片付けた。

 この1イニングを3者連続3球三振とする投球は「immaculate inning」と米国では呼ばれ、この日のベタンセスがメジャー史上87人目で、ヤンキース史上では6人目。今季はこれが6人目で、これまでストーレン(レッズ)、キンブレル(レッドソックス)、シャーザー(ナショナルズ)、ジャンセン(ドジャース)、カラスコ(インディアンス)が記録している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月3日のニュース