内海 6度目先発も白星遠く、6回3失点に「リズム悪く迷惑かけた」

[ 2014年5月4日 16:26 ]

<中・巨>2回に逆転を許した内海は悔しそうな表情でベンチに戻る

セ・リーグ 巨人1―3中日

(5月4日 ナゴヤD)
 巨人・内海は6度目の先発も勝ち星は遠かった。先制点をもらった2回に森野、谷繁に適時打を浴び逆転を許すと、4回にも再び谷繁に適時打を許した。

 結局6回10安打1死球で3失点、7回の打席で代打を出されて退いた。

 4月27日の前回登板では広島を相手に7回無失点と好投、復調の兆しを見せていただけに苦しい104球となった。内海は降板後「リズムが悪く野手の方に迷惑をかけた。次の登板では回の先頭をしっかり抑えたい」と反省を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月4日のニュース