イチロー、マー君援護!3試合ぶり先発で二塁打2本

[ 2014年5月4日 06:26 ]

8回無死一塁、適時二塁打を放つイチロー

ア・リーグ ヤンキース9―3レイズ

(5月3日 ニューヨーク)
 ヤンキースのイチローが3日(日本時間4日)のレイズ戦に「8番・右翼」で3試合ぶりに先発出場し、8回には今季初の適時打となる右翼線二塁打を放つなど4打数2安打1打点で先発の田中を援護した。

 前日2日は5時間49分の死闘の末に敗れ、試合が終わったのは日付が替わった午前0時57分。イチローは延長11回2死二、三塁のサヨナラ機で代打で起用されたがニゴロだっただけに、そのうっぷんを晴らす活躍となった。

 ▼イチローの話(田中将は)ゲームをつくってくれる。何かうまくいかないことを前提として、いろんなことを組み立てているという感じが見える。しんどそうだな、と見えていても(結果的には)形にする。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月4日のニュース