篠田3回4失点KO…大誤算の広島投手陣

[ 2014年5月4日 05:30 ]

<広・D>3回梶谷に右越えに4号2点本塁打を打たれガックリの篠田

セ・リーグ 広島4―9DeNA

(5月3日 マツダ)
 9失点と広島投手陣が踏ん張れず、2カード連続で3連戦の初戦を落とした。

 先発の篠田は制球難で、今季最短の3回4失点で降板。「今まで良かっただけに、見せてはいけない内容だった」と肩を落とした。背中への死球からキラが復帰した打線は2点差まで追い上げたが、永川勝、上野が得点直後に失点を重ね、反撃ムードに水を差した。2番手の梅津も失点し、野村監督は「点の取られ方が悪い。勝ちパターンじゃない人が辛抱して試合をひっくり返すというのを期待したいんだけど…」と嘆いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月4日のニュース