揺さぶり通じず…敵将もマー君評価「いい感覚持っている」

[ 2014年5月4日 14:56 ]

ア・リーグ ヤンキース9―3レイズ

(5月3日 ニューヨーク)
 レイズ打線は初対戦の田中をさまざまな形で揺さぶろうとした。初回には3番ジョイスが追い込まれてからセーフティーバント。意表を突いたが、ファウルで三振となり「彼のスプリットは素晴らしい。それと(内野陣が右に寄る)シフトを考えれば悪いアイデアではないとコーチと話していた」と明かした。

 マドン監督は「力で圧倒しようとするのではなく制球に頼る。若いが、投手としてのいい感覚を持っている」と25歳の右腕を評価した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月4日のニュース