ヤクルト・ミレッジ 右肩精密検査で帰国へ

[ 2014年5月4日 19:22 ]

 ヤクルトは4日、ミレッジが右肩の精密検査のために5日に米国へ帰国すると発表した。キャンプから右肩の状態が思わしくなく、現在は守備だけでなく打撃にも影響があるという。ミレッジは「経験したことがない痛み。チームの力になれず悔しい」と話した。

 来日3年目のミレッジは過去2年で計37本塁打をマークしたが、今季は打撃不振で10試合に出場して打率2割3分1厘、1本塁打にとどまっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月4日のニュース