16年ぶり20勝一番乗りも野村監督引き締め「また切り換えて頑張る」

[ 2014年5月4日 17:32 ]

セ・リーグ 広島5―2DeNA

(5月4日 マツダ)
 20勝一番乗りの広島・野村監督は「先発の前田は調子が悪かったが、よくゲームを作った」と前田の投球を評価し、5回の2点に関しては「2死からの得点というのが大きい。今日は守備も良かった。攻守が前田を助けた」と投打のかみ合った勝利に目を細めていた。

 チームの状態については、「エルドレッドをはじめとするクリーンアップがいい。クリーンアップ以外が頑張ってほしい。明日からまた切り換えて頑張る」と語り、98年以来16年ぶりの20勝一番乗りにも浮かれることなく引き締まった表情で会見場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月4日のニュース