西武が競り勝ち、9カードぶり勝ち越し!ロッテ接戦落とす

[ 2014年5月4日 17:23 ]

パ・リーグ 西武9―8ロッテ

(5月4日 QVCマリン)
 西武が一転二転のシーソーゲームを制し、9カードぶりに勝ち越した。2―8の9回2死満塁から米野、炭谷の連続タイムリーで逆転。その裏2死一、三塁のピンチをしのいで逃げ切った。

 3回までに4点リードしながら逆転を許し、2度追いついて2度勝ち越される嫌な展開だったが、最後は競り勝った。

 ロッテは先発のドラフト1位ルーキー石川が4回までに4点を失い、5回途中で降板する誤算。ここまで14試合無失点だった抑えの西野がまさかの3失点と崩れ、接戦を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月4日のニュース