大谷、粘投3勝目!子供インタビューに苦笑も…スタンド大喝采

[ 2014年5月4日 17:46 ]

<日・オ>お立ち台でポーズをとる大谷(左)と佐藤賢(右)

パ・リーグ 日本ハム5―4オリックス

(5月4日 札幌D)
 “二刀流”に挑戦している日本ハムの大谷が6回2/3を7安打4失点で3勝目をマークした。4回までは無失点で踏ん張っていたが、5回に3点を失い、7回2死三塁で降板。「使えるボールが真っすぐしかなかった。そんな中(捕手の)大野さんがうまくずらしてくれたので」と振り返り「打線と守備に感謝です」とバックの援護に感謝した。

 試合後のヒーローインタビューでは、チビっ子インタビュアーに「ナイスピッチング!」と上から目線?で声を掛けられ苦笑い。それでも「ピッチャーをやって、すぐ次の日に野手をやっても疲れないんですか?」という子供らしい質問に「これだけのファンが入ってくれているので力になります」と機転を利かせた回答でスタンドの大喝采を浴びていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月4日のニュース