荻野貴 初回に先頭打者で今季初安打!前日の呪縛解いた

[ 2014年5月4日 05:30 ]

1回ロッテ無死、荻野貴が左前打を放ち一塁へ向かう

パ・リーグ ロッテ5-1西武

(5月3日 QVC)
 自身とチームを呪縛から解き放った。初回、先頭。前日、岸のノーヒットノーランの最後の打者となったロッテ・荻野貴が、一夜明けて最初の打者として左前打を放った。今季25打席目の初安打。先制のホームを踏んでチームを勢いづけた。

 「1打席目に(安打が)出たのでホッとした。ここまで戦力になっていなかったので、ようやくチームの一員になれた。これからです」

 オープン戦は打率・429と好調も右膝関節炎を発症して開幕2軍スタート。4月4日に1軍昇格も打撃不振で同11日に2軍落ち。腰痛が癒えた今江とともに1軍復帰した前日、伊東監督には活躍するまで握手のお預けを通告された。そして屈辱的な敗戦。チーム内で「さげちん」の声が出た翌日に、2安打2得点を含めた全打席出塁で「あげちん」になった。

 握手代わりのハイタッチを交わした伊東監督も「(荻野)貴司のヒットが一番うれしい」と絶賛。2号2ランを含む2安打3打点の今江も「荻野が出て僕が打って点が入って良かった」と声を弾ませた。チームは再び貯金1。懸案だったリードオフマンと4番の復帰で勢いが戻った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月4日のニュース