ウルフ 初回の敬遠策奏功、3勝目に「どの球種も良かった」

[ 2014年5月4日 19:17 ]

7回2安打無失点で3勝目を挙げたソフトバンクのウルフ

パ・リーグ ソフトバンク1―0楽天

(5月4日 コボスタ宮城)
 ソフトバンクのウルフは、1回に最大のピンチを迎えた。2死三塁で、打席には好調ジョーンズ。ベンチからの指示通り敬遠し、続く銀次を中飛に仕留めた。その後はテンポのいい投球で、7回を2安打無失点。3勝目に「どの球種も良かった」とうなずいた。

 7回の投球でバランスを崩して腰をひねったそうだが、大事には至らない見通しだ。秋山監督も「ナイスピッチング。完璧だよ」と絶賛した。

 ▼江川(今季初スタメンで5回に二塁打)「1打席目は代打の時と同じ気持ちだったけど、2打席目以降は普通に入れた」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月4日のニュース