阿部後継者に名乗り!小林「信頼を得られる捕手に」

[ 2013年10月25日 06:00 ]

巨人の1位指名を受け、笑顔をはじかせる日本生命・小林

プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

(10月24日)
 【巨人1位 小林誠司 捕手・日本生命】甘いマスクを少し緊張させた。巨人が捕手を最上位指名するのは00年の阿部以来。「とてもうれしいですし、正直、ビックリしています。指名していただいて光栄です」。大阪府吹田市内のクラブハウスで他のドラフト候補選手とともに見守ったテレビ中継で、1位指名の瞬間を迎えた。
【指名選手一覧 小林誠司】

 「巨人の選手は意識が高く、一つになって勝利へ向かっているすごくいいチーム。一日一日を必死にやって野球人として人として心から応援される選手になりたい」。阿部が来年3月で35歳となるため「ポスト阿部」として期待される。「阿部さんはチームをまとめ、誰からも厚い信頼を得ている。そういう捕手になりたい」と「後継者」としての期待を早くも自覚している様子だった。

 広陵時代にバッテリーを組んだ広島・野村や巨人・菅野ら同期はすでにプロの世界で活躍している。「練習量だけは誰にも負けない気持ちでやってきて、少しは成長できた。菅野の球を受けたいし、野村とも対戦したい。開幕1軍を目指して頑張りたい」と端正なマスクを引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月25日のニュース