大瀬良 広島に入りたかった!田村スカウトと赤パンツでドラフトに

[ 2013年10月25日 05:33 ]

広島名物のもみじ饅頭を手に笑顔の大瀬良大地

2013年ドラフト会議

(10月24日)
 広島の1位、九州共立大の大瀬良大地投手(22)をヤクルト、阪神との競合で引き当てたのは、大瀬良を5年間見続けてきた田村恵スカウトだった。

 運命の赤い糸。13日の広島と阪神のCSファーストS第2戦で、マツダスタジアムではパブリックビューイングが行われていた。

 休暇で広島に滞在していた大瀬良は、見知らぬ男性からチケットを2枚もらって観戦。熱い歓声に感動した。連れ立ったマネジャーから「カープに入れたらいいな」と言われ「そうだな」と返事した。この日広島からの指名を願って赤パンツをはき、田村スカウトも赤パンツで臨んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年10月25日のニュース