鈴木 谷繁監督に「僕のボール受けてもらいたい」

[ 2013年10月25日 06:00 ]

仲間から胴上げされる鈴木翔

プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

(10月24日)
 【中日1位 鈴木翔太 投手・聖隷クリストファー】全国的に野球では無名の聖隷クリストファーから初のドラフト指名選手が誕生した。
【指名選手一覧 鈴木翔太】

 しなやかな腕の振りから、切れのある速球が持ち味で最速143キロ。プレーイングマネジャーとして、始動した谷繁監督に向けて「1軍でも2軍でもいいから、僕のボールを受けてもらいたい」と熱望した。普段は練習に明け暮れて「プロ野球などテレビはほとんど見たことがない」と明かしたが、さすがに幼少時は「テレビで見ていた」と谷繁監督のプレーは脳裏に焼き付いている。将来性を評価されてのドラフト1位。「地道にやります。日本を代表する投手になる」と大きな夢を描いていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年10月25日のニュース