中日がドラフト1位指名の鈴木にあいさつ「近い将来エースに」

[ 2013年10月25日 18:43 ]

指名のあいさつに訪れた中日の中田スカウト部長(右)と握手する聖隷クリストファー高の鈴木翔太投手

 中日の中田スカウト部長らが25日、浜松市の聖隷クリストファー高を訪れ、ドラフト1位で指名した鈴木翔太投手にあいさつした。谷繁監督のサインが入ったドラフト会議の入場証などを手渡された鈴木は「プロで誰よりも目立ちたい。近い将来に中日のエースになりたい」と声を弾ませた。

 1日で約500通の祝福のメールが届き、教室では同級生から拍手で迎えられたという。「まだ信じられない気持ちが強い」と初々しさものぞかせた。

 鈴木と握手を交わした中田スカウト部長は「思ったより手がごつい」と印象を語り「誰が見ても絶賛するフォーム。じっくり体力づくりをすれば、おのずと結果はついてくる」と太鼓判を押した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月25日のニュース