巨人、江柄子&一岡をプエルトリコのウインターリーグに派遣

[ 2013年10月25日 15:28 ]

 巨人は25日、11月1日にプエルトリコで開幕するウインターリーグに江柄子裕樹(26)、一岡竜司(22)の両投手を派遣すると発表した。

 両投手は27日に日本を出発。「ポンセ・ライオンズ」に所属して、5チーム参加のリーグ戦を戦い、12月下旬に帰国する予定。

 両投手は球団を通じ、以下の通りコメントを発表。

 ▼江柄子 「環境が違う海外という異国の地で、コンディション作りなど全ての面で自立することを意識してやっていきたいです。また海外の選手から学ぶところも多いと思うので、なるべく多くを吸収して自分のものにし、来シーズン一回り大きくなった姿をみせられるよう頑張ります」

 ▼一岡 「海外に行くのが初めてで緊張しています。今シーズンは回を跨ぐピッチングなどに課題が残ったので、向こうで先発をすることでロングリリーフの出来る投手を目指したいです。特にスライダー、フォークの精度を上げて来シーズン万全な状態で臨めるよう頑張ってきます」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月25日のニュース