小澤征爾氏 田沢父と勘違いされた「田沢と小澤で間違えたのかな」

[ 2013年10月25日 06:00 ]

試合前、レッドソックス・上原(右)と田沢(左)の激励に訪れた小澤征爾さん

ワールドシリーズ第1戦 レッドソックス8―1カージナルス

(10月23日 ボストン)
 熱狂的なレッドソックスのファンで、ボストン交響楽団の音楽監督を長年務めた世界的指揮者の小澤征爾氏(78)が、試合前に上原と田沢を激励した。ベンチ前で両投手とがっちり握手し「2人とも僕から見ても凄い。精神力、技術は大変なものだ。2人組でやっているというのがまた傑作だよね。夢みたい」と絶賛した。

 1960年7月にフェンウェイ・パークを初めて訪れて以来のレ軍ファン。昨年にはレ軍ファンの親善大使にも就任している。リーグ優勝を決めた19日のア・リーグ優勝決定シリーズ第6戦も観戦。その際には、地元ファンに田沢の父親と勘違いされたことを明かし「僕を田沢の親父だと思って“何でもっと近くで見ないんだ”って言われた。娘に後で言われて意味が分かったけど、田沢と小澤で間違えたのかな」と大笑いしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月25日のニュース