吉田まさかのオリックス一本釣り 森脇監督ニンマリ

[ 2013年10月25日 06:00 ]

ドラフト会場からJR東日本東京支社に駆けつけたオリックス森脇監督は1位指名の吉田一将に球団帽子、マスコット人形をプレゼント

プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

(10月24日)
 【オリックス1位 吉田一将 投手・JR東日本】1位指名で競合が必至と思われた吉田は、オリックスからの単独指名に「12球団OKと言っていたので、オリックスから1位指名された時点でうれしかった」と笑みを浮かべた。
【指名選手一覧 吉田一将】

 10月の東アジア大会で日本のエースを務めた1メートル91の長身右腕は、1年目からローテーション入りし10勝以上が目標だ。青森山田では控え投手、日大でも東都1部では3勝だけ。当時は東海大・菅野(巨人)、明大・野村(広島)、東洋大・藤岡(ロッテ)が「ビッグ3」と呼ばれていたが「あの頃は相手にならなかった。今度は同じ舞台に立つ。追いつき、追い越せです」と力を込める。

 午後7時過ぎにはJR東日本東京支社で森脇監督と対面。ドラフト会場では運気を上げる赤パンツをはいていた指揮官から「競合必至と思っていた。これ以上の幸運はない。意外に可愛い顔だな」と握手を求められると恐縮しきりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月25日のニュース