マー君はブルペンで調整 疲労考慮で第2戦の先発か

[ 2013年10月25日 17:50 ]

日本シリーズ第1戦 楽天―巨人

(10月26日 Kスタ)
 楽天の田中はブルペンで34球を投げ、室内練習場では短距離ダッシュなどを繰り返した。初の日本シリーズへ特別な気持ちの高ぶりはないと言い切り「自分たちの球場でいい雰囲気でスタートできそう」と話した。

 レギュラーシーズンでは無敗の24勝と圧倒的な成績を残し、クライマックスシリーズでも1勝1セーブと活躍した。日本一を懸けた舞台でも田中の出来が鍵を握る。最初の出番は疲労の蓄積具合を考慮され、第1戦ではなく第2戦に回ったとみられる。巨人には今季交流戦で2戦2勝だが「もちろん強いチーム。まずはホームでの試合でいいものを出して、相手を上回れればいい」と地元での好スタートを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月25日のニュース