巨人育成2位の長江、交渉権は保留…退部届受理確認後決定

[ 2013年10月25日 08:03 ]

プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

(10月24日)
 日本野球機構(NPB)はドラフト会議終了後、巨人が育成2位で指名した長江翔太投手(大経大)について、指名は認めるが交渉権は保留すると発表した。
【指名選手一覧 長江翔太】

 プロ志望届を提出していない長江は、大学側に退部届を出した上で巨人のプロテストを受験していた。NPBが日本学生野球協会に退部届が正式に受理されているかを問い合わせたが、確認できなかった。大経大が所属する関西六大学野球連盟は、本紙の取材に「受理している」としており、25日にNPBが確認できれば正式に巨人へ交渉権が与えられる。NPBの伊藤修久法規部長は「所属の連盟が退部届を受諾していれば問題はありません」と説明した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月25日のニュース