若月 森にライバル心「プロでは負けたくない」

[ 2013年10月25日 06:00 ]

オリックスに3位で指名された花咲徳栄・若月(中央) 

プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

(10月24日)
 【オリックス3位 若月健矢 捕手・花咲徳栄】高校通算32発の強肩強打の捕手は、西武1位指名の森に強烈なライバル心を燃やした。
【指名選手一覧 東明大貴】

 ともに18Uワールドカップで準優勝に貢献したが、森の控え捕手だったこともあり「次(プロ)の舞台では負けたくない」と闘志。中学以来という関西のイメージを問われ「(同部屋だった)森がずっと関西弁を話していた。関西といえば森のイメージ」とおどけてみせた。5月の関東大会では桐光学園・松井から2安打を放つなど強打が自慢だが「一番の売りは肩」と捕手へのこだわりが強い。プロでの目標を問われ「“生涯捕手”として中日の谷繁さんのように息の長い選手になりたい」と目標を語った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年10月25日のニュース