小久保ジャパンスタッフ会議 台湾遠征は若手主体

[ 2013年10月25日 19:01 ]

野球日本代表の監督・コーチ会議を終え、記者の質問に答える小久保裕紀監督

 野球日本代表の監督・コーチ会議が25日、東京都内のホテルで行われ、小久保裕紀新監督の初陣となる来月の台湾遠征のメンバーなどを話し合った。26歳以下の若手を軸に選考し、アマからも4選手が含まれる。来週中に発表される見通し。

 小久保監督は「健康を一番重視した。ことし、しっかり成績を残した若い選手。投手がやや少ない」とメンバーの印象を語った。日本代表は11月8~10日にアマ主体の台湾代表と強化試合を行う。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年10月25日のニュース