星野監督「どうする?」原監督「ファンが望むなら」で予告先発決定

[ 2013年10月25日 18:39 ]

日本シリーズの監督会議を終え、笑顔で握手する巨人・原監督(左)と楽天・星野監督

 日本シリーズの監督会議が25日、Kスタ宮城内で行われ、レギュラーシーズンと同様に予告先発を行うことで合意した。

 楽天・星野監督の「予告はどうする?」との問い掛けに、巨人・原監督が「ファンが望むなら異論はありません」と応じる形で採用が決まった。両監督がその場で第1戦の先発を発表。楽天は則本、巨人は内海となった。星野監督は「シーズンと同じように素直に野球をやるだけ」と言い、原監督は「ファンが盛り上がる環境の下、胸と胸を突き合わせた勝負をする」と話した。

 日本シリーズでの予告先発は、2005年にロッテのバレンタイン監督の呼び掛けに、阪神の岡田監督が応じて行われた例がある。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年10月25日のニュース