カ軍19勝右腕が誤算5失点KO 3失策に指揮官「目を覚ませということ」

[ 2013年10月25日 06:00 ]

<レッドソックス・カージナルス>5回5失点のウェインライト

ワールドシリーズ第1戦 カージナルス1―8レッドソックス

(10月23日 ボストン)
 カージナルスは攻守にいいところなく完敗を喫した。エースのウェインライトは拙守にも足を引っ張られて5回6安打5失点。今季19勝の最多勝右腕は「本当にひどい投球だった」とうなだれた。

 今ポストシーズン11試合で3失策だったチームが、この試合だけで3失策。打線も零敗を免れるのがやっとで、マイク・マシーニー監督は「本来の姿ではなかった。目を覚ませということ。できるだけ早く修正する」と険しい表情で語った。2回の守備では、主砲ベルトランがオルティスの満塁本塁打かという大飛球を右翼フェンスに激突しながら好捕したが、右肋骨を痛めて交代。第2戦以降に不安を残した。

 ▼カージナルス・ワカ(第2戦に先発する新人)これ以上の舞台はない。考えすぎないようにしている。普段と同じように臨みたい。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年10月25日のニュース