柿田当ててキヨシ絶叫「やったあ!」3度目の正直でついに

[ 2013年10月25日 06:00 ]

1巡目2回目、日本生命・柿田のくじを引き当てガッツポーズのDeNA・中畑監督(中央)。左は日ハム・栗山監督、右は阪神・和田監督

プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

(10月24日)
 外れ1位で3球団が競合した柿田の抽選。日本ハムの栗山監督が真ん中を引き、2つの封筒が残っている。中畑監督は迷わず左をつかんだ。「オレってクジが当たらないタイプ。いつも右にいきたがるんだけど、きょうはあえて逆をいくと決めてたんだ」。クジを確認した瞬間「やったあ!」と叫び、「ヤッターマン」と呼ばれた現役当時をほうふつさせた。
【指名選手一覧 DeNA】

 昨年の東浜(ソフトバンク)に続き、今年も松井(桐光学園)のクジを外した末に、やっと目にした「交渉権確定」の文字。「3度目の正直で初めて当たりクジ。感動がひしひしと湧き上がってるよ」。相思相愛のつもりだった超高校級左腕ではなかったが、どうしても欲しかった即戦力の社会人右腕を引き当て喜んだ。

 この日は午後1時過ぎに東京都調布市の自宅を出て、上祖師谷の神明社に参った。汗にまみれた駒大グラウンドのすぐ近く。昨年12月に他界した仁美夫人にプロポーズした思い出の神社。「野球人というよりオレの人生の原点」で1005円のおさい銭を上げた御利益があった。

 「まだ未完成なところもあるけど、逆に伸びしろがあって期待感が持てる。他のメンバーが危機感を持ってエンジン全開という雰囲気が出てくれたらいいな」

 縁も感じている。「オレよく日本生命の仕事してたんだ。講演で全国回ってね。セールスレディーの皆さんも応援してくれると思うよ」。昨年は1軍マネジャーとして何かと世話を焼いてくれた八馬スカウトが初めて担当した選手でもある。

 「早く会って言葉を交わしたいな。ウチに来てくれると確信してるけど足を運んで誠意を示さないとね」

 さっそく、25日に大阪へ飛ぶ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年10月25日のニュース