相手はマー君じゃなく則本…内海「いい投げ合いがしたい」

[ 2013年10月25日 17:44 ]

キャッチボールで調整する、第1戦先発の巨人・内海

日本シリーズ第1戦 巨人―楽天

(10月26日 Kスタ)
 巨人の内海は入念なダッシュやキャッチボールなどで第1戦の先発に備えた。投げ合う相手が、大方の予想に反して田中ではなく則本に決まり「マー君だと思っていたが、相手は関係ない。僕より勝ち星が多いし、いい投げ合いがしたい」と気を引き締めた。

 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは、初戦に先発して4回2失点と不完全燃焼だった。エースは「CSの時より、状態は間違いなくいい」と自信を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月25日のニュース