日本ハム・中田が小久保ジャパン入り!骨折完治、嶋とリーダー候補

[ 2013年10月25日 10:01 ]

3月の日本代表練習で立浪打撃コーチ(左)のアドバイスを受ける中田

 日本ハムの中田翔内野手(24)が、小久保ジャパン入りすることが24日、分かった。近日中にも発表される。

 今回は26歳以下を中心にメンバー28人を選出する予定で、実績からいっても中田が11月8日から台湾遠征に臨む侍ジャパンの4番に座ることは確実だ。

 中田自身、今年3月のWBC以来となる日の丸を背負うが、チームが若手中心ということもあり、主将に就任予定の楽天・嶋とともに、チームのリーダー的役割を担うことは間違いない。これまでも日本代表入りに強い思いを抱いていた中田は「WBCがいい経験になった。試合に出たいという気持ちを貪欲に持って、何番でもいいから試合に出たい」と今回の代表入りを熱望していた。

 8月に骨折した左手はすでに完治。千葉・鎌ケ谷の秋季練習では特打も行うなど順調に回復している。シーズン終盤に戦線離脱したことで実戦からは遠ざかっているが、かねて「中田をジャパンの4番に育てたい」と話していた栗山監督ら球団首脳陣も快く送り出す方向だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月25日のニュース