最後の仕事終え加藤コミッショナー謝罪「至らぬ点あった」

[ 2013年10月25日 06:00 ]

開会宣言をする加藤コミッショナー

プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

(10月24日)
 統一球問題で25日に辞任する加藤良三コミッショナーが、ドラフト会議で最後の仕事を終えた。
【指名選手一覧】

 閉会宣言でマイクの前に立った加藤氏は観覧したファン1000人の前で「コミッショナーとして至らぬ点がありました」と謝罪し、球界への変わらぬ支援を求めると会場から拍手が起こった。加藤氏は5年4カ月の任期について「振り返るには時間がかかるかもしれません」と話し、名残惜しそうに会場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月25日のニュース