王会長「黄金の右手」2度外した 連勝記録は3でストップ

[ 2013年10月25日 06:00 ]

1巡目2回目 国学院大・杉浦のくじを引くソフトバンク・王会長

プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

(10月24日)
 「黄金の右手」は2度も外した。まず、5球団が競合した松井。ソフトバンク・王貞治球団会長は3番目に引き、2枚重なった封筒の下側を選んだ。しかし、当たりクジを引けずに連勝記録は3でストップ。不運は重なり、外れ1位の国学院大・杉浦もヤクルトの小川監督に敗れ去った。
【指名選手一覧 ソフトバンク】

 「2回外しちゃったね。こればかりは神様のみぞ、知ることだからね」。王会長はそう言って苦笑いした。昨年3球団競合した亜大・東浜を引き当てた時と同系色の黄色いネクタイ。さらに早朝の入浴で身を清めたものの、願掛けも不発に終わった。2年連続で抽選を王会長に任せた秋山監督は「僕は(編成面に)詳しくないので任せますよ」と来年以降の大役にも消極的な様子。2連敗を喫した王会長は1年後に「雪辱登板」となりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月25日のニュース