メキシコ 米国戦に勝った「喜びに浸る時間はない 次も勝つ」

[ 2013年3月9日 17:59 ]

WBC1次ラウンドD組 メキシコ5―2米国

(3月8日)
 メキシコは実力で上回る米国を破り、1勝1敗とした。レンテリア監督は「これが番狂わせか分からないが、とにかく先につながった」と安堵の表情を浮かべた。

 イタリア戦で乱調だった投手陣が、この日は奮闘。先発したガヤードは四回途中まで1失点と好投し、救援陣も粘った。5―2の九回は抑えのロモが三者凡退とし、逆転負けした前日のうっぷんを晴らした。

 打線をけん引し、三回に2点本塁打を放ったA・ゴンザレスは「喜びに浸る時間はない。次も勝つ」と気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月9日のニュース