スペイン 善戦も無得点 指揮官「残り2試合で勝つチャンスもある」

[ 2013年3月9日 12:31 ]

WBC1次ラウンドC組 スペイン0―3プエルトリコ

(3月8日)
 予選を突破して初出場のスペインは、強豪のプエルトリコに善戦したが、得点を奪えず零封負けした。

 一回に先発投手が立ち上がりでつまずき3点を失ったが、2番手以降が踏ん張り追加点を許さなかった。マゾッティ監督は「最初はみんなに硬さがあったがよく戦ってくれた。このレベルの野球をやってくれれば残り2試合で勝つチャンスもあるだろう」と収穫を口にしていた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月9日のニュース