3度目の正直だ!中田V犠飛「きょうはこれで良しとします」

[ 2013年3月9日 00:09 ]

WBC台湾戦の10回、中田が勝ち越しの左犠飛を放つ。捕手高志綱

WBC2次R1組1回戦 日本4―3台湾

(3月8日 東京D)
 9回2死から井端(中日)の起死回生の同点打が飛び出し、勢いに乗って10回も1死二、三塁と攻め立て打席には中田(日本ハム)。左翼に大きな打球を飛ばし、決勝の犠飛となった。

 先制された直後の4回に2死一、三塁から遊ゴロ。同点に追いつきさらに勝ち越しも狙った8回は2死三塁で右飛。「すごくチャンスを潰していて、チームやファンの皆さんに申し訳ないなと思っていた」が、3度目の正直で試合を決めた。

 決勝点こそ挙げたものの「本当はもっと大きいのを打って皆さんの前で結果を残したいんですが、きょうはこれで良しとします」。まだまだこんなものじゃないと言いたげに不敵に笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月9日のニュース