オリックス 6連敗で止まる 森脇監督そっけなく「オープン戦だから」

[ 2013年3月9日 16:07 ]

東野は古巣・巨人相手に5回を3安打無失点に抑える好投

オープン戦 オリックス1―0巨人

(3月9日 京セラD)
 オリックスが巨人戦に勝ち、今季オープン戦7試合目にして初勝利を挙げた。

 巨人から移籍の東野が古巣相手に先発。5回を投げ、3安打4三振無失点の投球で勝利投手。オリックスは4回にT―岡田の犠飛で入れた1点を4投手で守り切った。

 初回は制球が定まらず、20球を投げた東野。4番村田を一邪飛に仕留めたあたりからエンジンがかかり、回が進むにつれて調子を上げた。

 森脇監督は連敗脱出、初勝利に「オープン戦だから」とそっけなかった。大切なのは「接戦をすること」とし、「きょうは緊張感のあるいい9イニングだった」と白星以上に内容の良さに納得していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月9日のニュース