山口 絶体絶命ピンチしのいだ「開き直るしかないと思った」

[ 2013年3月9日 06:00 ]

<台湾・日本>8回無死一、三塁のピンチから好救援をみせた山口

WBC2次ラウンド1組 日本4―3台湾

(3月8日 東京D)
 山口(巨人)は8回、田中が勝ち越しを許し、なおも無死一、三塁のピンチで救援。

 「マー君(田中)が気迫のこもった投球をしていたので勢いに乗って行けたらと思った」と林泓育(リン・ホンユ)を遊ゴロ、張建銘(チャン・チェンミン)を遊飛に仕留め、5番手の沢村につないだ。「開き直るしかないと思った。内容より結果。抑えることができてよかった」。ここで追加点を与えなかったことが、劇的勝利につながった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月9日のニュース