摂津 満塁斬り 先制された直後のピンチ防いだ

[ 2013年3月9日 06:00 ]

<台湾・日本>3回2死満塁、林泓育を空振り三振に斬り、吠える摂津

WBC2次ラウンド1組 日本4―3台湾

(3月8日 東京D)
 摂津(ソフトバンク)は能見の乱調を受け、1点先制された直後の3回2死満塁から登板し、林泓育(リン・ホンユー)を空振り三振に斬った。

 だが、5回1死から連打を浴びて2点目を許した。試合後は「あんなもんです。頑張ります」と言葉少なだが、2日のブラジル戦でもロングリリーフの後で味方打線が逆転した。今後もこの右腕に頼る機会がありそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月9日のニュース